PROFILE

冨永 裕輔
Yusuke Tominaga Producer/Composer/Singer&Songwriter/Cultural Ambassador

福岡県出身。音楽家。作家。作曲家。音楽プロデューサー。シンガーソングライター。企業イメージキャラクター。

北九州市文化大使。

築上町観光PR大使。

早稲田大学商学部卒。

早稲田大学アカペラサークル活動を経て、

2007年プロデビュー。2017年世界デビュー。

  

2008年〜2009年、NHK“みんなのうた”「遠い恋の物語」オンエア。

NHK北九州放送局80周年事業“きたきゅうのうた”グランプリ受賞「ひまわりの花」、福岡ソフトバンクホークス和田毅投手登場曲「War」、福岡県アジア交流イメージソング「亜細亜の夢追い人」、JAバンク福岡CMソング「未来へ」・「Happiness」等、多くのタイアップソングを手掛ける。CMナレーションも務める。

博多大丸では毎日「ありがとう」が館内放送中。

 

2013年、ロサンゼルス市警察本部で開催された東日本大震災追悼集会『LOVE TO NIPPON』では、日本代表として歌唱、日米両国から満場のスタンディングオベーションを受け話題となる。その功績により「平成25年度 北九州市民文化奨励賞(音楽的領域)」を受賞。 

2015年、作詞作曲の「明日への翼」が北九州市人権教育教材集「新版 いのち」に掲載。文化祭や連合音楽会でも合唱される。

コンサートスタイルの講演活動も数多く務める。

 

 

日米協会にて日米両国国歌を自衛隊音楽隊との共演で歌唱する一方、中国南京水遊城、韓国慶州桜マラソンでもライブを成功させ、福岡県バンコク都友好提携記念事業や、ヴェトナムハノイ市訪問団歓迎レセプションステージを務めるなど、世界各国との架け橋としても活躍。

 

JNN系列RKB毎日放送65周年全社キャンペーン主題歌「家族びより」を作詞作曲。

また、鹿児島MBC放送60周年テーマ曲「見つめあうだけで」を作詞作曲するなど、放送各局周年ソングに抜擢。

仏教説話から生まれた「二河白道」「逆境の花」は宗派を越えて支持され、全国各地のお寺コンサートも好評。

2016年、10枚目のオリジナルアルバム『人生燦歌ーKey of Lifeー』をリリース。

 

福岡ソフトバンクホークス公式戦国歌独唱を務めた3年ともにチームは日本一に輝き、“優勝請負人”として新聞等でも話題となる。

2016年、舞台『若戸大橋物語』主題歌「日々賛歌」を作曲、NHK BSプレミアム「新日本風土記」にて全国オンエア。

 

現在、ラジオパーソナリティとしてもcross fm、COMI×TENにて毎週レギュラー冠番組を放送中。

築山塾 東進衛星予備校イメージキャラクター、JAバンク福岡イメージキャラクターに就任。駅に特大電照看板が設置され、CM出演など話題沸騰中。

 

2016年11月、作家としてメジャーデビュー作となる作詞作曲「愛唄」を城 南海4th album『月下美人』に楽曲提供。

 

デビュー10周年の2017年、福岡ソフトバンクホークス和田毅投手の登場曲「War」を発表。2日続けてYahoo!ニュースに掲載。テレビでの特集や新聞掲載など話題を集めている。

 

福岡県では初となるNHK“みんなのうたコンサート”を北九州市に

誘致、黒崎ひびしんホール大ホール満員にて成功を遂げる。

4月開校の北九州市立ひびきの小学校校歌「その名ひびきの」を発表。

イメージソング「築上の風」「CHIKUJO RAP」を書き下ろした築上町にて、新川久三町長より築上町観光PR大使に任命される。

 

「War」は大反響を呼び、2/24世界120ヶ国でのリリースが緊急決定。世界デビューを果たす。

その幅広い活動スタイルは音楽業界新時代の先駆けと評される。

 

2017年プロ野球開幕戦に「War」とともに登板した和田投手は見事、勝利投手に輝きヒーローインタビューを受けた。

6月、デビュー10周年記念アルバム『すずなり〜10th Anniversary〜』をリリース。


〈イベント主催者様用 HP・フライヤー掲載用プロフィール〉

冨永 裕輔Yusuke Tominaga

福岡県出身。音楽家。作家。作曲家。音楽プロデューサー。シンガーソングライター。ラジオパーソナリティー。

築山塾 東進衛生予備校 イメージキャラクター。JAバンク福岡 イメージキャラクター。

北九州市文化大使。築上町観光大使。

早稲田大学商学部卒。早稲田大学アカペラサークル活動を経て、2007年プロデビュー。2017年世界デビュー。

 

2008年〜2009年、NHK“みんなのうた”「遠い恋の物語」オンエア。

NHK北九州放送局80周年事業“きたきゅうのうた”グランプリ受賞「ひまわりの花」、福岡ソフトバンクホークス和田毅投手登場曲「War」、福岡県アジア交流イメージソング「亜細亜の夢追い人」、JAバンク福岡CMソング「未来へ」・「Happiness」等、多くのタイアップソングを手掛ける。

 

2013年、ロサンゼルス市警察本部での東日本大震災追悼集会『LOVE TO NIPPON』にて、日本代表として歌唱。その功績により「平成25年度 北九州市民文化奨励賞(音楽的領域)」を受賞。 

日米協会における日米両国国歌歌唱(自衛隊音楽隊との共演)、中国南京水遊城、韓国慶州桜マラソンでのライブなど、国境を越えた音楽活動を展開。友好記念事業でステージを務めるなど、世界各国との架け橋としても活躍。

 

2015年、「明日への翼」が北九州市人権教育教材集「新版 いのち」に掲載。文化祭や連合音楽会でも合唱される。子どもたちに夢や希望を与えるとして、教育に関するコンサートや講演への依頼も多数。

 

JNN系列RKB毎日放送65周年全社キャンペーン主題歌「家族びより」を作詞作曲。

鹿児島MBC放送60周年テーマ曲「見つめあうだけで」を作詞作曲するなど、放送各局周年ソングに抜擢。

仏教説話から生まれた「二河白道」「逆境の花」は宗派を越えて支持され、お寺でのコンサートも好評を博す。

 

2016年、10枚目のオリジナルアルバム『人生燦歌ーKey of Lifeー』をリリース。

舞台『若戸大橋物語』主題歌「日々賛歌」を作曲。

作家としてメジャーデビュー作となる作詞作曲「愛唄」を城 南海4th album『月下美人』に楽曲提供。

 

デビュー10周年の2017年、福岡ソフトバンクホークス和田毅投手の登場曲「War」を発表。メディアに多数取り上げられ、反響の大きさから2/24世界120ヶ国でのリリースが緊急決定。世界デビューを果たす。

福岡県では初となるNHK“みんなのうたコンサート”を北九州市に誘致、満員のなか成功を遂げる。

イメージソング「築上の風」「CHIKUJO RAP」を書き下ろした築上町にて、築上町観光大使に委嘱。

北九州市立ひびきの小学校校歌「その名ひびきの」を発表。

〈主な経歴〉

2007年

「すずなり」でプロデビュー。
同年、鳥インフルエンザが発生した宮崎県の応援ソング日向かい風に乗ってをリリース。


2008年12月・2009年1月

NHK“みんなのうた”にて「遠い恋の物語」がオンエア。

 

2009年

母校である北九州市立志徳中学校の第40期生の作詞で「大切な君へ」を作曲。

毎年の卒業式にて歌い継がれている。


2011年6月

ひまわりの花がNHK北九州放送局開局80周年事業“きたきゅうのうた”大賞受賞。

その後、NHK総合にて全国放送、NHKワールドプレミアにて世界放送される。


2011年12月

 『PASSIONリリース。

「ひまわりの花」をはじめ、“ホークス応援ソング”The Catch

“九州一周駅伝グランツール”テーマソングVICTORY RUNほか

自身作詞作曲の多くの楽曲が全収録曲が大手企業・団体のタイアップ曲となる。

 

 2012年8月

アルバムINSPIREをリリース。

Now is the timeは“オートポリスインターナショナル レーシングコース イメージソング”に決定。

“福岡県アジア交流イメージソング”に決定した を、中国・南京市、南京水遊城にて開催された「福岡県・江蘇省友好提携20周年記念 福岡フェア」で福岡県代表として歌う。
 

2013年

作詞作曲の「見つめあうだけで」が、JNN系列MBC南日本放送の開局60周年テーマ曲に決定。

鹿児島県内で連日、テレビ・ラジオ放送され、オーケストラや合唱曲となり県民に親しまれている。

3月、アメリカ・ロサンゼルス市警本部オーディトリアムホールにて開催された東日本大震災追悼集会“LOVE TO NIPPON”にて、日本代表としてひまわりの花を歌い、満員の会場のスタンディングオベーションを受ける。

6月、九重山逍遥歌は九重町・九重“夢”大吊橋イメージソングに決定。

7月より、Community Radio Tenjinにて、Yusuke TominagaHAVE A NICE TRIP”』がスタートし、

毎週火曜日夜7時より一時間生放送のパーソナリティを務めている。

9月、博多大丸60周年記念ソングとして書き下ろした「Brighter days」を発売。

11月、JA鹿児島県経済連「あきほなみ」新米キャンペーンのCMソングに、

書き下ろしの金色の風が決定。

12月、平成25年度(第46回)北九州市民文化奨励賞(音楽的領域)を受賞。

 

2014年

4月、韓国慶州市で行われている「慶州さくらマラソン&ウオーク」にテーマソング桜の誓い

書き下ろし、大会の前夜祭でのコンサートを成功。

 

JAバンク福岡のCMソングに、書き下ろしの未来へが決定。

 

4月12日、東京新橋ヤクルトホール(550名収容)でソロコンサートを開催。

4月20日、『STARRING』をリリース。

6月14日、北九州芸術劇場中劇場(700名収容)でソロコンサートを開催。

 

2015年

4月、cross fmでレギュラー番組冨永裕輔のなんでもゆーすけがスタート 。

同月、北九州市人権教育教材集「新版 いのち」に作詞作曲の「明日への翼」が掲載される。

8月、福岡ソフトバンクホークス公式戦(ヤフオクドーム)にて国歌独唱。

9月、JNN系列RKB毎日放送65周年全社キャンペーン「家族びより」テーマ曲を作詞作曲。

11月、築上町イメージソング「Chikujo Rap」発表

11月、スポーツフェスタ・ふくおか「福岡県民体育大会」スポーツの総合祭典 第2回市町村対抗「福岡駅伝」TNC番組テーマ曲に「VICTORY RUN」決定


2016年

2月、10枚目のオリジナルアルバム『人生燦歌~Key of Life~』リリース

2月、ソロコンサートでは初となる800席の黒崎ひびしん大ホールにて『冨永裕輔スペシャルコラボコンサート2016~明日への翼~』を成功。

2月、北九州市中学生合唱フェスティバル全体合唱曲に「明日への翼」決定

5月、劇団青春座『若戸大橋物語』主題歌「日々賛歌」を作曲。

7月、築山塾 東進衛星予備校イメージキャラクターに決定。

8月、福岡ソフトバンクホークス公式戦にて国歌独唱。(優勝請負人国歌独唱としてスポーツ新聞に掲載。)

11月、城 南海『月下美人』にメジャーデビュー作となる作詞作曲の「愛唄」を楽曲提供。

11月、JAバンク福岡イメージキャラクターとして電照看板が小倉駅、福岡天神駅、久留米駅に設置される。

11月、スポーツフェスタ・ふくおか「福岡県民体育大会」スポーツの総合祭典 第3回市町村対抗「福岡駅伝」TNC番組テーマ曲として「VICTORY RUN」オンエア

11月、築上町イメージソング「築上の風」発表

12月、城 南海全国ツアー“城 南海ウタアシビ2016~冬~”にゲスト出演し「愛唄」「遠い恋の物語」をデュエット

12月、大杉漣・吉田栄作・藤吉久美子・石野真子出演の映画『グッバイエレジー』イメージソングを手掛ける。


2017年

1月、NHK『みんなのうたコンサート』出演

1月、デビュー10周年

2月、北九州市中学生合唱フェスティバル全体合唱曲に「Sing With You」決定

2月、cross fm『冨永裕輔のなんでもゆーすけ!』100回放送

2月、福岡ソフトバンクホークス和田毅投手登場曲「War」を発表。世界120ヵ国で配信スタート。

3月、築上町観光PR大使に任命を受ける。

4月、北九州市立ひびきの小学校校歌「その名ひびきの」作詞作曲。

4月、冨永裕輔オフィシャルファンクラブ“Starring”5周年


主な作品

 

〈2007年〉

・宮崎県応援ソング日向かい風に乗って

 

〈2008年〉

・NHKみんなのうた遠い恋の物語

 

〈2009年〉

・母校である北九州市立志徳中学校の第40期生の作詞で「大切な君へ」を作曲

 

〈2011年〉

・NHK北九州放送局開局80周年記念“きたきゅうのうた”大賞ひまわりの花

・ホークス応援ソングThe Catch!

・福岡県アジア交流イメージソング亜細亜の夢追い人

・だんだんボックステーマソングありがとう

・九州一周駅伝テーマソングVICTORY RUN

・西鉄ソラリアホテル トランスブルーイメージソング月のおくりもの

 

〈2012年〉

・オートポリスインターナショナルレーシングコースイメージソング「Now is the time」

・ハートセービングプロジェクトイメージソング「 I Believe

・社会福祉法人 年長者の里の法人歌「幸ふる里・年長者の里」

 

〈2013年〉

・MBC南日本放送開局60周年テーマ曲「見つめあうだけで」

・九重“夢”大吊橋イメージソング九重山逍遥歌

・博多大丸60周年テーマソング「Brighter Days」

・JA鹿児島県経済連「あきほなみ」新米キャンペーンのCMソング金色の風

 

〈2014年〉

・慶州さくらマラソン&ウオークテーマソング桜の誓い

・社会福祉法人 栄法会 れんげ乳児保育園・れんげの花保育園 園歌

・JAバンク福岡CMソング未来へ

 

〈2015年〉

・北九州市人権教育教材集「新版 いのち」採用楽曲「明日への翼」

・日本施設協会社歌「あたらしい風」

・RKB毎日放送65周年キャンペーンソング「家族びより」

・築上町PRソング「CHIKUJO RAP」

 

〈2016年〉

・劇団青春座「若戸大橋物語」主題歌「日々賛歌」

 

多岐にわたる企業・団体とのタイアップを果たし、数多くのテーマソング・イメージソングの制作を手掛け、

CMソングにも起用されるなど、各方面で注目を集めている。

テレビやラジオなど多数のメディアに取り上げられ、レギュラーラジオのパーソナリティを務めるなど、

多彩な才能を発揮している。


聴く人に光を当てる応援ソングを届ける“うたうたいの旅”をライフワークとし、

定期的に東京や福岡、北九州でのホールコンサートを行う傍ら、

各地の学校や病院、高齢者施設でのコンサート、難病支援のチャリティイベント

東日本大震災被災地支援にも精力を注いでいる。

福岡、東京を拠点に、全国、アジア、世界を舞台に活動を続ける。


宮崎県書道協会『墨友』平成27年度12月号掲載記事より

病院・高齢者施設慰問コンサート

幼稚園・保育園・学校コンサート